ヘッジス・ファミリー・エステート
並び順を変更[ おすすめ順 |新着順 ]
前のページ | 次のページ



  ヘッジス・ファミリー・エステート Hedges Family Estate

「世界で高い評価を受けるレッド・マウンテンの革新的ワイナリー」

アメリカ、ワシントン州にあるワイナリー、ヘッジス・ファミリー・エステートは、1987年、オーナーであるトム・ヘッジスと、妻のアン・マリーによりはじめられました。ワシントン州東部、コロンビア・ヴァレーは、フランスのボルドーとほぼ同じ緯度に位置し、ボルドーと同じくぶどうをブレンドすることで、それぞれのぶどうの良い面を引き出し、より複雑味と深みのあるワイン造りをすることで知られています。


1989年 カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シラーの優良な産地として国際的に評価が高い、コロンビアヴァレーのレッド・マウンテンに自社畑を購入。
2011年8月には、それら自社畑にビオディナミ認定機関「デメテール」によりビオディナミ認証を受けました。ヘッジスではそれぞれの畑が本来持つテロワールを最大限に表現したく、ビオディナミを導入、この試みはレッド・マウンテンでは初めてのことでした。
高い評価を受ける今日でも、それに甘んじることなく、常に上を目指すワイナリー、ヘッジスならではの偉業といえるでしょう。