人々に和みと潤いを与え心豊かな生活の場を提供する

ワイナリー情報

クラウドライン(オレゴン)

前のページへ戻る

1946年創立で米国ニューヨークに本拠地を置く名門ワイン専門販売会社で、メゾン・ジョゼフ・ドルーアンやトーレス(スペイン、チリ)をはじめとする世界中のクオリティワインを取り扱うドレフュス・アシュビー(Drefus Ashby)。その名門"ドレフュス・アシュビー"が、『今、オレゴンで最もコストパフォーマンスの高いピノ・ノアール』を目指した特別プロジェクトから生まれたのが、この"クラウドライン"です。
幸運にもこの理念に共感したのは、ウィラメットヴァレー屈指のぶどう栽培者と醸造業者。メゾン・ジョゼフ・ドルーアン、ドメーヌ・ドルーアン・オレゴンの醸造責任者を務める『ヴェロニク・ドルーアン』も、スーパーバイザーとしてこのプロジェクトに参加しました。
2004年、米国にて、記念すべき初ヴィンテージとなる2002年ヴィンテージのピノ・ノアールが、発売されると、2〜3ヶ月のうちに即完売。追って2003、2004年のヴィンテージを発売するも、2002から2004年までの3つのヴィンテージが売り切れました。その後も、2005年に17,000ケースを用意するも、アメリカ国内で完売という状況が続いています。