人々に和みと潤いを与え心豊かな生活の場を提供する

ワイナリー情報

ボデガス・アルスピデ(カスティーリャ・ラ・マンチャ)

前のページへ戻る

このワイナリーは1999年3月に品質、デザイン、そして尊敬の三つのキーワードをモットーにした18人のワイン愛好家によりスタートし、今日に至っています。歴史も伝統もないながら、彼らの造り出すワインは好評で、多くの顧客に恵まれ、今日ではさらに製造設備を完備し、生産量を増やし続けています。

生産量が増えたからといって、決して手抜きはせず、収穫はすべて手積みにより行われ、果実を傷つけないよう慎重に、十分に熟した果実のみを収穫します。その後、果実への負担を避け、小さないくつもの箱に納められ、ワイナリーに運ばれ、さらに熟練した職人により、厳選した品質の高い果実のみから醸造を行います。

カスティーリャ・ラ・マンチャのこの地にて、伝統的な製法に従いながらも、近代的な製造法の良い点を積極的に取り入れるフレキシビリティー溢れるワイン造りを行っています。彼らのワイン造りは、ただ、ワイン単体として飲む商品ではなく、食事と組み合わせて楽しめるすばらしいマリアージュを産み出すよう目指しています。