人々に和みと潤いを与え心豊かな生活の場を提供する

ワイナリー情報

ロンコ・デイ・タッシ(イタリア)

前のページへ戻る

1989年にフリウリ州ゴリッツィアのコルモンスにて、ファビオ・コーゼルとその妻ダニエラが4つの畑、合計9haを購入。ファビオはイタリア屈指の『ビアンキスタ』(こだわりの白ワインの造り手)として知られ、元ワインコンサルタントとしての経験上、コッリオの土壌の特質を熟知していた彼は、この土地こそイタリアでも有数の最上の白ワインを生み出せる土地だと確信、1991年にファーストヴィンテージをリリースしました。

その確信は当初からの国内外で非常に高い評価によって証明され、現在所有面積は25ha、畑の数は18にまで成長、2人の息子(ファビオとマッテオ)も加わり、常に高品質かつ風土の持つポテンシャルを最大限にひきだせるよう家族一丸で進化し続けています。

ロンコ・デイ・タッシは、「アナグマの巣」という意味。夏から秋にかけて頻繁に畑に現れるアナグマ(イタリア語でタッシ)が、ワイナリー設立当初のぶどうの最大の消費者だったことに因んでいます。