人々に和みと潤いを与え心豊かな生活の場を提供する

ワイナリー情報

ドメーヌ・アラン・ブリュモン(南西地方)

前のページへ戻る

<ワインメーカー>アラン・ブリュモン氏
マディランはフランスでも古くからあるブドウ栽培地のひとつですが、知名度の高いボルドーの影に隠れ、長い間その真価は正当に評価されていませんでした。アラン・ブリュモンは、マディランワインの復活に全人生を賭けた人物であり、自分の所有するモンテュスとブースカッセの2つの畑には、マディランの土着品種であるタナを植え、色の深い濃厚な味わいのワイン造りに取り組みました。彼の情熱は実を結び、見事に復活したワインは、今では多くの三ツ星レストランをはじめ、遠くアメリカからはハリウッドスターまでもが自家用ジェットで買いに訪れるまでに至っています。
なお、ブリュモン氏は、1991年フィガロ誌にて最高の生産者として選出され、のち1997年にはナポレオン1世により制定されたフランス最高の勲章である"レジョン・ドヌール"を授与されています。

<シャトー・モンテュス>
20年間、ドメーヌ・アラン・ブリュモンはマディランのテロワールとぶどう栽培について調べられることのすべてを学びました。20年後、事実上、彼はAOCマディランの最高のテロワール全てのオーナーになりました。
そして2001年からは、さらに偉大なモンテュスのワイン造りに挑戦しています。
新しい地区では、ぶどうの木の栽培密度を更に高めてきました。収穫はぶどうの状態を保つため、いまだに手摘みで行います。テロワールのクオリティはアラン・ブリュモンの才能に応えるものであり、世界クラスのワインとしてモンテュスは高く評価され、そのテロワールと共に注目を集めています。
エールフランス航空の機内で提供されるワインリストの全てを監修する2000年度世界No.1ソムリエ、オリヴィエ・プシエ氏により、モンテュスはビジネスクラス用のワインとしても選出されております。

<シャトー・ブースカッセ>
マディランの中心、モーマッサン=ラギュイアン村にあるシャトー・ブースカッセは、1836年からブリュモン家が所有する家族経営のワイナリーで、アラン・ブリュモンの生まれた場所でもあります。アラン・ブリュモンはここでワイン造りを学び、1978年に父親(アルバン・ブリュモン)の後を継ぎました。
当時、一族のぶどう畑は合計で20ヘクタールでしたが、彼はすぐに、モーマッサンとヴィエラで最高の地区を購入して所有農園として広げました。現在、ぶどう畑は80ヘクタールにまで増え、そして1988年、アラン・ブリュモンは新しい地下セラーの建設に着手しました。
現在、このシャトーは、アラン・ブリュモン氏の住居にもなっています。

<ガスコーニュ>
常にガスコーニュ地方に魅せられてきたアラン・ブリュモンは、長年にわたり、この地域の最高のテロワールを捜し続けてきました。そんな彼の技術と知識で、この地方のぶどうを注意深く選びながら、オリジナリティーに溢れ、世界中から賞賛されるワインへと造りあげていきます。

ドメーヌ・アラン・ブリュモン会社概要
設立年:1979年
創業者:アラン・ブリュモン(Alain Brumont)
所有土地面積:シャトー・ブースカッセ 80ha
        シャトー・モンテュス 80ha
        コート・ド・ガスコーニュ 20ha
        AOCマディラン、 AOCパシュラン・デュ・ヴィク・ビル
年間生産量:130,000ケース
売上高: 800万ユーロ
輸出国数:40カ国以上

沿革
1979年 アラン・ブリュモン、父親所有のヴィンヤード "シャトー・ブースカッセ"を継承
1981年 アラン・ブリュモン、"シャトー・モンテュス"を購入。
    この時、タナ種の持つ可能性を確信。
1995年 シャトー・モンテュスの新ワイナリー建設 (通称:タナ大聖堂)
1991年 ゴー・ミヨー誌 80年代を代表するワインメーカー
1991年 フィガロ誌 ここ10年でもっとも優秀なワインメーカー第1位
1996年 ワイン アドヴォケート誌 96ポイント獲得
    シャトー・モンテュス・プレステージ'95
1997年 ナポレオン1世により制定されたフランス最高勲章「レジョン・ドヌール」(Legion d'honneur)受勲
2003年 ワインスペクテーター誌 TOP100ワイン 29位獲得 シャトー・ブースカッセ V.V.'00
2004年 ワインスペクテーター誌 94ポイント獲得 シャトー・モンテュス


心筋梗塞・狭心症予防に貢献!今、南西フランス タナ種のワインが大注目!!

タナ種は、英ロンドン大研究チームにより、赤ワインの中でもっとも心筋梗塞や狭心症の予防効果が期待できる品種とイギリス科学専門誌「ネイチャー 2006.11.30号」誌上にて発表されました。
『赤ワインに心筋梗塞や狭心症の予防効果を期待するなら、フランス南西部のジェール県で、タナ種のブドウを使い伝統的な醸造方法で作られたものがベスト』 『心筋梗塞などの予防効果をもたらすポリフェノール類のうちでも、ブドウの種に含まれる「オリゴメリック・ポロシアニジン(OPC)」の量がもっとも多いため』(日経2006.12.4掲載記事より)