人々に和みと潤いを与え心豊かな生活の場を提供する

ワイナリー情報

モーゼルランド(モーゼル)

前のページへ戻る

モーゼルランドは、モーゼル地区のぶどう生産者による組合組織で、小さなぶどう生産者の共同体であったユルンスト、ヴェーレン、ヴィルティンゲンの3つのセラーを、ひとつに統合した結果として、1968年に生まれました。 発足当初から2000を超えるぶどう生産者がメンバーとなっていましたが、1990年代の始めには4500の生産者が、4万キロリットルを生産する大きな組織となりました。モーゼルランドが支えているもの、同時にモーゼルランドを支えているものは、昔から変らないモーゼルの気候風土と、2000年に及ぶ、勤勉なぶどう栽培の歴史です。