人々に和みと潤いを与え心豊かな生活の場を提供する

メゾン・ジョゼフ・ドルーアン ジヴリ 2013

フランスフランス
赤・ミディアムボディ 数量限定

ブルボン王朝初代国王・アンリ4世が愛したワイン

西洋スグリ、ブラックカラントなどが感じられます。まろやかで、魅惑的なワインです。口に含むと、エレガントな中にしっかりとした骨格が感じられ、またしなやかなタンニンのバランスが非常に良い味わいです。熟した果実の味わいが、長く感じられるワインです。フランス人に人気の高いブルボン王朝初代国王・アンリ4世が愛したワインのひとつです。
販売価格
¥3,780
ヴィンテージ
  • 印刷する
  • お気に入りリストに追加

基本情報

商品コード 06622 バーコード 012086512117
容量 750ml ケース入数 12
生産国 フランス 生産地域 ブルゴーニュ地方/コート・シャロネーズ地区
格付け AC ジヴリ
品種 ピノ・ノワール100%
種類 スティルワイン
味わい ミディアムボディ 飲み頃温度 15℃
アルコール度 13% コルク
合う料理チーズ 牛肉のカルパッチョ、鴨のロースト

詳細情報

土壌 石灰岩、南東と真南に向いた優れた土壌
栽培 10,000本/ha、ギュイヨ仕立て
発酵 マセラシオン2-3週間、自然酵母を使用。
発酵温度 温度管理のもと発酵
熟成 オーク樽(10%新樽)
熟成期間 12-15ヶ月
産地詳細 メゾン・ジョゼフ・ドルーアンは1880年に古代ローマ要塞の壁の内側に位置する、ブルゴーニュワインの中心地ボーヌに創立されたワイナリーです。
130年以上もの間、家族経営にこだわり、頑なに創業当時から受け継がれるテロワールへの信念を守り、「エレガンスとバランス」を追求し続けています。
 1976年より除草剤などの化学薬品は一切使用せず、1988年からはエステートマネージャーのフィリップ・ドルーアンにより、本格的なオーガニックワインの醸造に取り組んでいます。畑は伝統的な鋤(すき)を使って耕され、肥料も野菜で造った天然の堆肥を使用しています。ぶどうの様々な病害や害虫などの対策には、天然である捕食動物やバクテリアを使い、徹底したオーガニック栽培に取り組んでいます。このことは環境にやさしいだけでなく、何より同社のポリシーである純粋なテロワールの表現のためには最良の方法です。テロワールへの敬意、ぶどうの樹に対する愛着、そして彼らの経験と絶え間ない研究開発により、ぶどう本来の力量を発揮したワインが造られます。
 メゾン・ジョゼフ・ドルーアンはワインオークションでも有名な慈善病院オスピス・ド・ボーヌに自社のぶどう畑を寄贈していることでも知られており、偉大かつ洗練されたドルーアンのワインは、世界の超一流店での活躍をはじめ、世界中の愛好家の絶賛を浴びている、ブルゴーニュの誇りです。
ワインメーカー ヴェロニク・ドルーアン
その他 フランス人に人気の高いブルボン王朝初代国王・アンリ4世が愛したワインのひとつです。

アンリ4世とは、ブルボン王朝初代のフランス国王(在位:1589年8月2日-1610年5月14日)、およびナバラ国王(在位:1572年6月9日-1610年5月14日)です。
ユグノー戦争で叔父コンデ公ルイが戦死したため、年少にしてユグノー(フランスのプロテスタント)の盟主となりました。1572年、自身の婚礼に際して企てられたサン・バルテルミの虐殺に遭遇しましたが、改宗して難を避け、1576年に脱走して再びプロテスタントに復帰。1589年のアンリ3世の暗殺により王位を継承しました。その後カトリックに改宗して国内を平定し、1598年にナントの勅令を発布してカトリックとプロテスタントとの国内融和に努め、40年近くにわたる戦争を終結させました。戦後は戦争によって疲弊した国家の再建を行いましたが、1610年に狂信的なカトリック信者によって暗殺されました。在位中から現代に至るまでフランス国民の間で人気の高い王の一人で、大アンリ(Henri le Grand)、良王アンリ(le bon roi Henri)と呼ばれています。1959年から発行された50フラン紙幣において肖像が採用されていました。

ワイナリーの詳細情報を見る