人々に和みと潤いを与え心豊かな生活の場を提供する

ボッシェンダル ジャン・ガルド シャルドネ 2017

南アフリカ南アフリカ
白・辛口 スクリュー

複雑味のあるノン・オーク シャルドネ

新鮮で完熟したストーンフルーツとオレンジなど柑橘系果実の皮の風味がバランス良く感じられます。
販売価格
¥1,555
ヴィンテージ
  • 印刷する
  • お気に入りリストに追加

基本情報

商品コード 01684 バーコード 6001660004661
容量 750ml ケース入数 6
生産国 南アフリカ 生産地域 ウェスタン・ケープ
格付け ウェスタン・ケープ
品種 シャルドネ100%
種類 スティルワイン
味わい 辛口 飲み頃温度 12℃
アルコール度 14% スクリュー
合う料理チーズ チキンサラダ、温野菜、サーモンのバターソテー

詳細情報

土壌 石灰質土壌、標高800m、日中は暖かく、南西の風(ケープ・ドクター)により、夕方以降は涼しくなる。
栽培 樹齢15-20年、手摘み、密植度5,600本/ha、収穫量50hl/ha
発酵 ステンレスタンクで22日間
発酵温度 15℃
醸造方法 シュール・リー
熟成 ステンレスタンク
熟成期間 4ヶ月、瓶内熟成最低2ヶ月
産地詳細 ボッシェンダルがぶどう畑を持つフランシュック・バレーは、南アフリカのぶどう栽培地域の中でも名醸地として知られています。
年間降雨量は1200mm、その70%が冬の数ヶ月間に集中するため、ぶどうに早春に充分な休眠期間を与えることができ、夏の間は良く乾燥し、適度な温度が持続するという、ぶどう栽培には理想的な気候を持ちます。
ぶどう畑の面積は3000ha。 
ベルク河添いに、サイモンベルク山まで、14kmも続き、肥沃なフランシュック・バレーを形づくるボッシェンダルのぶどう畑では、何種類ものヴァラエタルが栽培され、成功を納めています。

栽培面積の多くを占めるのはシャルドネで、現在、ソーヴィニヨン・ブランやセミヨンの栽培面積も拡大中です。 また、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、ピノ・ノアール、シラーズなどの赤ワイン用ぶどうの拡充も急ピッチで進められ、20世紀の終わりまでには、ボッシェンダルは南アフリカトップの赤ワイン製造者のひとつになりました。
ワインメーカー ベルト・ファン・デル・ヴェストハイゼン(赤)&リゼル・ガーベル(白)
その他 ジャン・ガルドの名前は敷地内にあるRhone homestead(バンケット用の建物)の所有者であったフランス ユグノー教徒の名前から付けられました。
ワイナリーの詳細情報を見る