人々に和みと潤いを与え心豊かな生活の場を提供する

レオン・ベイエ キュヴェ レオン・ベイエ 2015

フランスフランス
白・辛口

アルザスの教皇「レオン・ベイエ」の造るアルザス4品種の競演!

リースリングとミュスカをメインに、ピノ・ブラン、シルヴァネールを絶妙にブレンド。香りにはミネラルが感じられ、レモネードのような柑橘系の生き生きとしたフレッシュさとキレがあります。軽快ながら、輪郭は明瞭で存在感もあるしっかりとした辛口です。
販売価格
¥2,311
ヴィンテージ
  • 印刷する
  • お気に入りリストに追加

基本情報

商品コード 01170 バーコード 3499057500002
容量 750ml ケース入数 12
生産国 フランス 生産地域 アルザス地方 オーラン県 エギスハイム
格付け ACアルザス
品種 リースリング、ミュスカ、ピノ・ブラン、シルヴァネール
種類 スティルワイン
味わい 辛口 飲み頃温度 8-10℃
アルコール度 12% コルク
合う料理チーズ ハム、パテ等の前菜、白身魚のムニエル、甲殻類、クリームチーズ

詳細情報

土壌 石灰岩、粘土質
発酵 ガラスコーティングしたコンクリートタンク
熟成 ガラスコーティングしたコンクリートタンク
熟成期間 5-12ヶ月
産地詳細 エギスハイム(Eguisheim)は、アルザス地方、オー・ラン県のコミューンで、人口約1千6百人。コルマール(Colmar)から南西に約5km。4世紀から、この地でぶどう栽培が始まったエギハイムは、アルザスワイン発祥の地で、「ワイン造りの揺り籠」と呼ばれている。13世紀に築かれたエギスハイムの城壁は、歴史的記念物に指定され、城壁内には、狭い路地と木組みの家並みが、同心円状を描いて建ち並んでおり、「フランスの最も美しい村」に認定されている。(エギスハイムは、第1次、第2次世界大戦での被害がほとんどなかったため、中世そのままの町の造りをとどめている。)
 また、フランスの『花のまち』(Ville fleurie)の最高グレードの「4つ花」にも認定されており、1989年には「フランス花のグランプリ」に選ばれ、さらに、2006年には「ヨーロッパ花の町コンクール」で金賞を受賞している。
 中世には、ストラスブール司教を始め、幾つかの修道院がぶどう畑を広げて行き、そのワインの評判が広がり、エギスハイムのワインは、イギリスやオランダの王室のテーブルにも並んだ。
ワイナリーの詳細情報を見る